エッセンスオブノース[Essence of North]
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • Chinese

エッセンスオブノース[Essence of North]

  • 商品情報
  • 楽しむ・学ぶ
  • 企業情報
  • お客様の声
  • Q&A
  • お問い合わせ
  • Chinese

レッドホースウェルネス各商品の工場でどのように商品が製造されているかをご紹介します。

キャップの製造からスタート
水素吸蔵キャップの3つのパーツの内、2つ(内筒と外筒)を自動的に組み立てる装置です。毎日始業前には、全巻き締めヘッドを確認し、全てが巻き締め角度の規格値に適合していることを確認します。
確認合格後に当該装置が始動します。その後は、定期的に抜き取って、始業前と同じ項目の検査を行います。

水素吸蔵パウダー充填開始
組み立てられた水素吸蔵キャップの中に、PIRAQUAの”水素吸蔵パウダー”が充填されます。
充填は、8個毎に、間欠式に行われます。
これらは、設定された重量を基準として、各ノズル毎に毎日始業前確認が行われ、確認合格の後、充填開始されます。

酸素の脱気と窒素ガスを封入します
PIRAQUA”水素吸蔵パウダー”が充填された後、キャップの中にある酸素を脱気し、その直後に不活性ガスである窒素ガスを封入します。
その工程が所定の条件で完了後、シールキャップが打栓され、密封されます。

水素キャップを装着
クリーンエリアで”水素吸蔵パウダー”が充填されたキャップは、殺菌された北海道羊蹄山の湧水を充填したペットボトルに装着されます。
その後、ペットボトル内面の殺菌性を高める目的として横転殺菌終了後、冷却されます。

ラベルをぴったりとフィッティング
殺菌後、ラベルを装着したPIRAQUAは、蒸気トンネルの中に入ります。
蒸気の熱によってラベルが収縮してペットボトルにぴったりとフィッティングされます。

賞味期限を印字します
PIRAQUAのラベルが綺麗にペットボトルにフィッティングされた後、蒸気によってペットボトル表面に付着している水滴を3か所の水滴除去装置を通過した後に、ペットボトル首部に賞味期限の印字が行われます。

出荷前の外観検査、梱包はしっかりと
「6」で各ボトルに賞味期限を印字された製品は、外観検査機によって、賞味期限印字の有無、ラベル装着の有無などの検査を経た後、自動で整列されながら24本のペットボトルが整然と段ボールに封入されます。

安全確認OK!出荷開始です
「7」で段ボールに封入されたPIRAQUAは、最終的な重量検査及び段ボールへの賞味期限印字を経た後、パレットに積載されます。
この積載は、ロボットによって無人で行われます。PIRAQUAの場合、1つのパレットに50ケースが積載されます。

ウェルネススタッフからの一言

STAFF
工場では厳しい管理システムのもと、商品が製造されています。
また、全ての工程が熟練された人の目で守られています。
こうした毎日の積み重ねが、高品質なエッセンスオブノースを生み出しています。
トップに戻る